<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うだわくキャラクター図鑑「ジャンゴ」 | main | 2016年、あけましておめでとうございます >>

うだわくキャラクター図鑑「ライフンヌ」

こんにちこんばんおはようございます!

らいふです(^ω^)!

クリスマスイブですね!!

今回は自称クリスマスイブが誕生日というライフンヌさんにインタビュー。

今までと違い終始穏やかなインタビューでした(^ω^)!

それではさっそくどうぞ!!




ライフンヌ
12月24日産まれ
33歳
AB型


らいふ:クリスマスイブがお誕生日なんですね!

ライフンヌ:そうだ。
このことを仲間に話すとからかわれてな。
普段の行いが悪いからか、サタンクロースだの、死神のクリスマスプレゼントだのと言われる。
えらく恐れられたもんだぜ……


らいふ:なるほど、クリスマスイブに産まれた子がここまでのギャングになるとは、神様も思わなかったでしょうね……

みなさんにお尋ねしていますが、そんなライフンヌさんがギャングになったキッカケは??

ライフンヌ:ちゃんとギャングになったのは24の時だ。
ガキの頃から盗みや恐喝なんかをやっていたが、だんだん自分が手を染めるよりも他人にやらせた方がいろいろと都合が良い事に気がついてなぁ。

少しずつ人を増やしながら、脅したり手を組んだりで俺のグループを作ったんだが、やはり町最大のマフィアなんてもあってな。


目立ちすぎて奴等に目をつけられる前に逆に入っちまおうと思って、マフィアに入ったわけだ。

そこがたまたまドンの組織だった。




らいふ:ライフンヌさんはギャング団に入ったあとはどんな活動をしていたんですか?

ライフンヌ:普段は部下を多数引き連れて、所謂ハスラーとしてヤバイものを取り引きしたり、金の受け渡しを担当している。

俺もやる時はやるが戦闘よりも金やブツの管理の方が得意なタイプでな。

先頭きって前線でやり合うことは少ない。



銃やナイフを持ち歩くのは好きだがなぁ!


らいふ:他のギャング達と違わず危険なハートの持ち主なんですね。
先程ガキの頃から、と仰ってましたが、どんな子供時代を過ごしたんですか?

ライフンヌ:一言で言えば俺は弱い存在だった。

頼れるものは母だけだったが、母もまた弱い存在だった。

弱々しくも美しい母のもとに代わる代わるやってくる男達に俺と母は脅かされていた。

ガキの頃はそんな男達に殴られて育ったぜ……

殴られて血を吐いた回数は10や20なんてもんじゃなかったな。ハハッハハ!!




らいふ:壮絶な子供時代を過ごしていたんですね!
そうしてライフンヌさんは心に闇を持っていったと……

そんな闇を象徴するようなエピソードがあればお聞きしたいです!

ライフンヌ:そうだな……

武器取引で香港マフィアと関わったときに現地の裏カジノに連れていかれたんだが、そこで奴らに嵌められてな。

詳細は省くが、危うく武器をごっそり持っていかれるところだった。
俺が部下に押さえさせていた奴等の金鉱の情報が無ければ殺されていたが、武器と金鉱の情報を互いに賭けてポーカーをすることになったんだ。

チップは己の血液というデスマッチポーカー。

俺は死を感じれば感じるほど冴えてくるタイプでな。

致死量スレスレの2リットルの血液を賭けてレイズをした時は感覚が最高潮に高まったぜ……



武器を流すことなく金鉱を手に入れられたのもでかかったが、なにより死に近づく事への興奮は何にも変えがたい快感だったぜ……


らいふ:完全にギャンブル狂の変態じゃないですか!!

そんなイカれたライフンヌさんのライバルとは?


ライフンヌ:死といえば、俺はジャパンのハラキリが好きでな。

シンドゥーの野郎にはいつか、奴の自慢の名刀シンドゥー丸で己の腹をかっさばいてもらいてぇと思ってるんだ。

俺は常に奴を嵌めるタイミングを狙ってるんだぜ……



らいふ:死神に命を狙われるとは……シンドゥーさんも災難ですね……

と不穏な空気を残しつつ、今回はこの辺でインタビューは終了とさせていただきます!

次回は幸福とお金の権化、天使の笑顔が魅力的なあの人にインタビュー!



どうぞお楽しみに!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.udatsu.com/trackback/519
この記事に対するトラックバック
UDATSU web
UDATSU(のいつまでもウダツの上がらない)webへ行く