<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うだわくキャラクター図鑑「メリーアンドリュー」 | main | うだわくキャラクター図鑑「ライフンヌ」 >>

うだわくキャラクター図鑑「ジャンゴ」

いやー、こいつは危険なインタビューだった!!

なにせ奴は人目も気にせずナイフを取りだしクルクル回して挑発するような男だ。

いつ機嫌を損ねて刺されるか、わかったもんじゃなかったぜ……

このらいふの寿命を縮めたインタビューを是非楽しんでください(´;ω;`)!!





アレッサンドロ・デル・ジャンゴ
8月16日産まれ
28歳
O型


らいふ:こんにちは、ジャンゴさん。

ジャンゴ:そうだ、俺の名はジャンゴ。切り裂きジャンゴで通ってる。
(ナイフを取りだし遊び始める)

らいふ:で、では、早速ですが、ギャングになったきっかけは……


ジャンゴ:テメェ俺から情報を聞き出そうとはいい度胸だなぁ!!

(ナイフを突き立てられる)


……俺は18の頃、最愛の母を亡くして傷心し、自暴自棄になって暴れていたときに、沖縄にバカンスに来てたボスの目に留まったんだ。


命を粗末にするのなら、私のために使え。

ボスと戦闘し、完膚なきまでに叩きのめされ、俺はそのカリスマ性に惹かれた。

その日のうちに、ボスのために命を使うことに決めていたよ。

らいふ:当時は命を粗末にするタイプの、まさに荒くれだったそうですね。



ギャング団に入ったあとはどんな活動をされていたのでしょう?

ジャンゴ:

最前線の戦闘員、資金調達
→幹部昇進後は組織の管理と、非常時の戦闘指揮が主な活動だ。




らいふ:ギャングとして一番危険な仕事、戦闘が主な活動なんですね。

ということは子供の頃から荒くれてたんですか??


ジャンゴ:いや……俺は母子家庭で育った。

意外かもしれねえが、幼いころは虫も殺せないような気弱な子どもだったんだぜ。

今の俺は切り裂きジャンゴの通り名が全てを物語っているがな。



らいふ:意外です!!

今では他のギャングを倒しまくっているのに!!
そんなジャンゴ氏が一躍幹部にのぼりつめた、ギャング史に残るあの事件
「終わりなき朱」についての記事を発見したので記載しておく。


「終わりなき朱」
鉄砲玉として一人送り込まれたシチリアで、対抗勢力に対し90日間毎日襲撃を続けた。切り裂きジャンゴの名の通り、ナイフ、カタナ、あらゆる刃物で数えきれないほど敵の身体を引き裂き、結果対抗勢力は解体。
功績が認められ幹部昇進となった。
余談だが「終わりなき」から「り(理)」を抜いて文字を並び替えると「沖縄」となる。

ジャーナリスト
ジュン・K・トクサニア

らいふ:襲われたギャングは骨も残らず解体されてしまったんですね……

向かうところ敵無しとまで思われるジャンゴ氏。



今気になるギャングは誰なのでしょうか。


ジャンゴ:コパロンチーノだ。

カリフォルニア出身と聞いていたんだが、いつぞや他のところ出身とも言ってたよな?
まさかとはおもうが潜入捜査官……?

そう考えればギャングらしさが欠片もないことにも説明がつく。

クンクン、こいつは嘘をついている臭いだぜ……!



らいふ:あ、ありがとうございました……。。。

うだわくインタビュー史上最も危険なインタビューが終了した。

早々にこの場を去ろうと出口に足を向ける。

ジャンゴ:待ちな。

らいふ:(ゴクリ……)な、なにか、、?


ジャンゴ:対したことじゃない。
おまえ、ライフンヌに顔が似ているな。
この辺りは奴に恨みを持ったギャングがわんさかいる。
夜道には気を付けな。


らいふ:あ、ありがとうございます!!


………………

ふぅ、恐かった……この辺はまだ危険なようだし、さっさとここを離れよう……


名前も出たし、次回のインタビューはライフンヌさんにしよっかなーー!



次回もどうぞお楽しみに!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.udatsu.com/trackback/428
この記事に対するトラックバック
UDATSU web
UDATSU(のいつまでもウダツの上がらない)webへ行く