<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初撮影日でしたー!! | main | 第1回人狼の動画をアップしました! >>

【ゲーム紹介その1】 人狼

UDATSUわくわくドイツゲーム実況プレイで遊ぶゲームをご紹介!
 
No.1 「 人狼 


● 人狼とは?

ヨーロッパ発祥のパーティゲームで、会話をもとに推理で楽しむゲームです。
テレビやウェブで見てご存知の方も、多いのではないでしょうか。


STORY

平和な村に、恐ろしい人狼が紛れ込みました。
人狼は村人になりすましており、毎晩一人ずつ村人を喰い殺します。
村人たちは一体誰が人狼なのかわかりません。
そこで、人狼の活動しない昼間のうちに会議を開き、
村人の中から怪しい者を探し出し、毎日一人ずつ処刑することにしました。
村人たちは、無事人狼を見つけ出すことができるのでしょうか…



それでは以下に
・ゲームの流れ
・人狼ゲームで用いる役職
・UDATSUわくわくドイツゲーム実況プレイ内でのローカルルール
をご紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

● ゲームの流れ

はじまりの夜、プレイヤーは村人チーム人狼チームに分かれます。
ランダムで「役職カード」を引いて、「村人」「人狼」などの役職を決めておきます。
※自分以外の人のカードは見ることができません。

 昼のターンでは、生き残っている者全員で、人狼は誰なのか議論します。
そしてこの日処刑する者を多数決で一人決めて、処刑します。

 夜のターンでは、全員が目をつぶっている間に「役職」ごとの活動を行います。
村人チームで「予言者」などの特殊能力を持っている者はそれを行使し、
人狼チームは誰か一人を襲撃します。

決着がつくまで、昼のターンと夜のターンを繰り返します。
無事にすべての人狼を見つけて処刑できれば、村人チームの勝利。
人狼と同数まで村人を減らせれば、人狼チームの勝利。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 村人チームの役職 ●

村人 「みんなで協力して人狼をやっつけないと…!」
特殊な能力はありませんが、推理で戦うこのゲームの主人公です。

予言者 「フフフ…ボクにはぜーんぶお見通しだよ」
夜のターンで誰か一人を選び、その人の正体が人間か人狼かを知ることができます。

霊媒師 「散っていった者の言葉…わたしが届けるわ」
夜のターンで、昼に処刑された者が人間か人狼かを知ることができます。

ボディーガード 「こいつを殺されるワケにはいかないんでね」
夜のターンで誰か一人を選び、人狼の襲撃から守ることができます。
自分自身を守ることはできません。

共有者 「わたしたちは」「ふたりでひとりなの」
二人一組の役職で、お互いが人間であることを知っています。

狩人 「狙った獲物は逃がさないよ、絶対にね」
自分が死亡した時に誰か一人を選び、道連れに死亡させることができます。

独裁者 「静聴せよ!吾輩の意見は絶対であるぞ!」
昼のターン中に役職を公開することで、一度だけ議論を強制終了させて、
その日に処刑する人を選ぶことができます。

呪われた者 「…か、身体が…うわああああぁぁぁぁ…!」
最初はただの村人ですが、夜のターンで人狼に襲撃された場合は死なずに生き残り、
次の夜から人狼になってしまいます。

タフガイ 「自分、体力だけなら自信ありッスよ!」
夜のターンで人狼の襲撃にあっても、すぐには死にません。
一日生き延びて、次の夜に死亡します。


● 人狼チームの役職 ●

人狼 「さあて…今夜は誰を頂こうかな…?」
夜のターンで誰か一人を選び、襲撃して食い殺します。
人狼同士は誰が仲間かを知っています。

狂人 「アハハ…みーんな食べられちゃえ…!」
人狼の味方をする人間です。予言や霊媒の結果は、人間と判定されます。

狼少年 「あいつが人狼だよ!この目で見たもん!」
夜のターンで誰か一人を選び、その人が予言された時の結果を、その晩だけ人狼にすることができます。
狼少年自身の予言・霊媒の結果は、人間と判定されます。

人狼チームが勝利したとき、狂人と狼少年も勝利になります。
ですが、狂人と狼少年は誰が人狼なのかは知りません。


● 第三陣営 ●

妖狐 「どれだけ争っても、最後に勝つのはワタシ…」
村人にも人狼にも属さない、第三陣営です。
ゲームの決着がついた時に生き残っていれば、妖狐の一人勝ちになります。
人狼に襲撃されても死にませんが、予言者に正体を見られると死にます。


これらの役職を、プレイ時の人数や難易度によって組み替えて遊びます。
役職名の隣のセリフは、「うそつき人狼」のカードから引用させていただきました!

−−−ちなみに−−−−−−−−−−

UDATSUわくわくドイツゲーム実況プレイでは
株式会社人狼さんの「うそつき人狼」を使用させていただいています!


↑カードをスリーブに入れて大事に遊んでいます!

公式サイトはこちら!⇒うそつき人狼|株式会社人狼
カードの絵柄が絵本みたいでとてもかわいいので、見に行ってみてください。
「独裁者」や「狼少年」は、うそつき人狼のオリジナル役職なんだそうです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 動画内でのローカルルール

人狼ゲームは、基本のほかに様々なオリジナルのルールがあります。
UDATSUわくわくドイツゲーム実況プレイでは、以下のルールを採用しています。

予言者は、はじまりの夜に誰か一人の正体を知ることができる
ボディーガードは、連続して同じ人を守ることができる
共有者は、一人が死んだらもう一人も死んでしまう

−−−−−−−−−−−−−−−−−

以上、大まかですが「人狼ゲーム」のルール・役職説明でした。
ツッコミなどありましたらお待ちしております。
うだわく ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.udatsu.com/trackback/399
この記事に対するトラックバック
UDATSU web
UDATSU(のいつまでもウダツの上がらない)webへ行く