<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『人生、ここにあり!』と『団鬼六追悼絵画展』をみてみた | main | [Ete Omnibus Theater#3]  >>

いと、まほろば『ぼくのぼうけんのしょ3』

いと、まほろば『ぼくのぼうけんのしょ3』無事に公演が終了しました!

ご来場いただいた多くのお客様に厚く御礼申し上げます!
ご来場ご観劇いただきまして誠にありがとうございます!!





また、関係者の皆様、スタッフの皆様、そしてそして、とても大勢の濃い個性的なキャスト陣の皆!
お疲れ様でした!ありがとうございます!!


今回の座組は老若男女の幅がとても広くて、公演以外のところでもたくさんの学びのあるいい座組でした。
男女のところにも幅があるのが面白い。
俺の相方のブラックさんこと藤宮潤ちゃんが相変わらずの間違われっぷりでとても愉快でした。
さてさて。


ぼうけんのしょ2の時に出てきた、シャドームーン先生。
いやはや、まさかここまで進化してしまうとは思わなんだ。
いや、退化なのか?日本語喋れてないし(笑)

よく聞かれた質問。
シャドームーン先生は常に白目なの?

はい、白目です。
ガチで見えてないです。

こんなエピソード
稽古中にうっかり小道具を仕込み忘れて舞台上で立っていた時。
演出の高坂さんが舞台にあがってわざわざ持ってきてくれたのに、白目なのに気付かない。
肩をトントン叩かれても、
ああ、えみか(最年少出演者、小2)がまたいたずらをしているな。
と思ってそのまま放置。

それくらい何もわからないのである。
ありゃ恥ずかしかった。


何故それで舞台上を把握できるかというと、普段隠しているあの長い髪が感覚器官となり、周囲の状況を触覚で感じ取っているかもう少しましな嘘をついたらいいのに。

なるべく黒目には戻らないようにしてましたが、
うっかり見えてしまったあなたはラッキーだと言うことで。


今回は川崎でお噂はかねがねな方々と知り合えて良かったなー。
舞台では観たことあります的な人が多かったので、これを機にますます人の輪が広がっていけばと思います。
なんといっても海に行っちゃうしね!まほろばメンバーと!

あー、海水浴なんて何年振りだろ。


そんなわけで久々に季節感を感じられる遊びをしてきます。
待て、次回!


そしてUDATSUの諸々の準備を着々としていくのであった。
そろそろ色々告知していきます。

次回公演はチラシに力いれてきますよ!!本当に!!!


芝居 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.udatsu.com/trackback/358
この記事に対するトラックバック
UDATSU web
UDATSU(のいつまでもウダツの上がらない)webへ行く