<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あれま | main | 水木ゲームってのを考えたんだけどやってみないか? >>

冬目景が俺の琴線で津軽じょんがら節を奏でる

 
じょんがらは琴じゃねぇな。

今回は『イエスタディをうたって』

冬目景先生の作品を初めて知ったのは、小杉十郎太さんがやってたラジオの『羊のうた』が最初だったと思う。

千砂役の林原めぐみさんの厭世的な雰囲気や作品全体の静かなしっとりとした感じに胸を撃たれた。うん、撃たれた。
それからはもうどっぷりだった。
でもイエスタディ〜はなーんとなく読まなかった。特に理由はないと思う。
でも、手に取ってしまったらもうあれよあれよで一気読み。
新刊目的以外で漫画喫茶にダッシュしたのは久し振りだった。

なーんであんなにせつねぇ話がかけるんだろうか。しかもコミカル。あなどれないわさ。
漫画ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.udatsu.com/trackback/254
この記事に対するトラックバック
UDATSU web
UDATSU(のいつまでもウダツの上がらない)webへ行く