<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< また、アホなラジオをやりましたよっと | main | インプロのワークショップという >>

波と渦、芝居とインプロ、的な〜

 そんなわけで、が最近口癖なわけで、
インプロとはなんぞや、のような話をそこここほあたたで聞いて色々と思いつつ。


芝居は波のようである。

役者同士の駆け引きや、役者とお客さんとの芝居を介したやりとり
波をよせれば、返ってくる波は更に高くなり、最終的には大波となって会場を飲み込む。
終演後はその場にいた全員が荒波を乗り越えた親友のような、まるで船乗りのような、絆を感じることであろ。

一方のインプロは渦のようである。

渦を形作る大きな流れの中では役者もお客さんも関係なく、一要素として芝居の中に取り込まれる。
渦をつくるには、とりわけでかい渦をつくるには全員が同じ方向にうごかなくちゃならない。
しかしその全てが混ざり合うような一体感は、曰く、セックスよりも気持ちがいいらしい。
なるほど、エヴァンゲリオンの人類補完計画よろしく皆の意識が、しかも深いところで一体になるのは確かにそれはとても気持ちのいいことなのよなのだろうなぁ。

絆で言うなら、錬金術的な混ざり合い、陰陽の合一、完全、そんな感じ。あー、うまく言えん。知らんし、わからんからかなー。
やっぱ波と渦。そんな感じ。


8日にインプロのワークショップ的な稽古があるのだけど、それでこの観念も打破されると面白いのだ。いえー
芝居 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.udatsu.com/trackback/247
この記事に対するトラックバック
UDATSU web
UDATSU(のいつまでもウダツの上がらない)webへ行く