<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

出ました!(まだ出ない)3期メンバーの紹介タイム!

JUGEMテーマ:日記・一般

出ました!UDATSUわくわくドイツゲーム実況プレイ!
再開しますよ〜!


さてさて、ようやくお待たせいたしました

うだわくが充電期間を置いて帰ってきました。
カムバックです。カムイのケツです。


タイトル通りなのですが、復帰をして新シリーズ開始かと思いきや
しばらくは以前貯め撮りしたものを消化する配信が続きます。


だがしかし、

5月5日に迫った
ゲームマーケット2016春
はうだわく3期から加わる新メンバーも参加することになっています!


なので!

ここで早めのお披露目紹介をしていきたいと思います。

3期メンバーは続きを見るのだ!
続きを読む >>
うだわく メンバー | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

うだわくキャラクター図鑑「ライフンヌ」

こんにちこんばんおはようございます!

らいふです(^ω^)!

クリスマスイブですね!!

今回は自称クリスマスイブが誕生日というライフンヌさんにインタビュー。

今までと違い終始穏やかなインタビューでした(^ω^)!

それではさっそくどうぞ!!




ライフンヌ
12月24日産まれ
33歳
AB型


らいふ:クリスマスイブがお誕生日なんですね!

ライフンヌ:そうだ。
このことを仲間に話すとからかわれてな。
普段の行いが悪いからか、サタンクロースだの、死神のクリスマスプレゼントだのと言われる。
えらく恐れられたもんだぜ……


らいふ:なるほど、クリスマスイブに産まれた子がここまでのギャングになるとは、神様も思わなかったでしょうね……

みなさんにお尋ねしていますが、そんなライフンヌさんがギャングになったキッカケは??

ライフンヌ:ちゃんとギャングになったのは24の時だ。
ガキの頃から盗みや恐喝なんかをやっていたが、だんだん自分が手を染めるよりも他人にやらせた方がいろいろと都合が良い事に気がついてなぁ。

少しずつ人を増やしながら、脅したり手を組んだりで俺のグループを作ったんだが、やはり町最大のマフィアなんてもあってな。


目立ちすぎて奴等に目をつけられる前に逆に入っちまおうと思って、マフィアに入ったわけだ。

そこがたまたまドンの組織だった。




らいふ:ライフンヌさんはギャング団に入ったあとはどんな活動をしていたんですか?

ライフンヌ:普段は部下を多数引き連れて、所謂ハスラーとしてヤバイものを取り引きしたり、金の受け渡しを担当している。

俺もやる時はやるが戦闘よりも金やブツの管理の方が得意なタイプでな。

先頭きって前線でやり合うことは少ない。



銃やナイフを持ち歩くのは好きだがなぁ!


らいふ:他のギャング達と違わず危険なハートの持ち主なんですね。
先程ガキの頃から、と仰ってましたが、どんな子供時代を過ごしたんですか?

ライフンヌ:一言で言えば俺は弱い存在だった。

頼れるものは母だけだったが、母もまた弱い存在だった。

弱々しくも美しい母のもとに代わる代わるやってくる男達に俺と母は脅かされていた。

ガキの頃はそんな男達に殴られて育ったぜ……

殴られて血を吐いた回数は10や20なんてもんじゃなかったな。ハハッハハ!!




らいふ:壮絶な子供時代を過ごしていたんですね!
そうしてライフンヌさんは心に闇を持っていったと……

そんな闇を象徴するようなエピソードがあればお聞きしたいです!

ライフンヌ:そうだな……

武器取引で香港マフィアと関わったときに現地の裏カジノに連れていかれたんだが、そこで奴らに嵌められてな。

詳細は省くが、危うく武器をごっそり持っていかれるところだった。
俺が部下に押さえさせていた奴等の金鉱の情報が無ければ殺されていたが、武器と金鉱の情報を互いに賭けてポーカーをすることになったんだ。

チップは己の血液というデスマッチポーカー。

俺は死を感じれば感じるほど冴えてくるタイプでな。

致死量スレスレの2リットルの血液を賭けてレイズをした時は感覚が最高潮に高まったぜ……



武器を流すことなく金鉱を手に入れられたのもでかかったが、なにより死に近づく事への興奮は何にも変えがたい快感だったぜ……


らいふ:完全にギャンブル狂の変態じゃないですか!!

そんなイカれたライフンヌさんのライバルとは?


ライフンヌ:死といえば、俺はジャパンのハラキリが好きでな。

シンドゥーの野郎にはいつか、奴の自慢の名刀シンドゥー丸で己の腹をかっさばいてもらいてぇと思ってるんだ。

俺は常に奴を嵌めるタイミングを狙ってるんだぜ……



らいふ:死神に命を狙われるとは……シンドゥーさんも災難ですね……

と不穏な空気を残しつつ、今回はこの辺でインタビューは終了とさせていただきます!

次回は幸福とお金の権化、天使の笑顔が魅力的なあの人にインタビュー!



どうぞお楽しみに!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

うだわくキャラクター図鑑「ジャンゴ」

いやー、こいつは危険なインタビューだった!!

なにせ奴は人目も気にせずナイフを取りだしクルクル回して挑発するような男だ。

いつ機嫌を損ねて刺されるか、わかったもんじゃなかったぜ……

このらいふの寿命を縮めたインタビューを是非楽しんでください(´;ω;`)!!





アレッサンドロ・デル・ジャンゴ
8月16日産まれ
28歳
O型


らいふ:こんにちは、ジャンゴさん。

ジャンゴ:そうだ、俺の名はジャンゴ。切り裂きジャンゴで通ってる。
(ナイフを取りだし遊び始める)

らいふ:で、では、早速ですが、ギャングになったきっかけは……


ジャンゴ:テメェ俺から情報を聞き出そうとはいい度胸だなぁ!!

(ナイフを突き立てられる)


……俺は18の頃、最愛の母を亡くして傷心し、自暴自棄になって暴れていたときに、沖縄にバカンスに来てたボスの目に留まったんだ。


命を粗末にするのなら、私のために使え。

ボスと戦闘し、完膚なきまでに叩きのめされ、俺はそのカリスマ性に惹かれた。

その日のうちに、ボスのために命を使うことに決めていたよ。

らいふ:当時は命を粗末にするタイプの、まさに荒くれだったそうですね。



ギャング団に入ったあとはどんな活動をされていたのでしょう?

ジャンゴ:

最前線の戦闘員、資金調達
→幹部昇進後は組織の管理と、非常時の戦闘指揮が主な活動だ。




らいふ:ギャングとして一番危険な仕事、戦闘が主な活動なんですね。

ということは子供の頃から荒くれてたんですか??


ジャンゴ:いや……俺は母子家庭で育った。

意外かもしれねえが、幼いころは虫も殺せないような気弱な子どもだったんだぜ。

今の俺は切り裂きジャンゴの通り名が全てを物語っているがな。



らいふ:意外です!!

今では他のギャングを倒しまくっているのに!!
そんなジャンゴ氏が一躍幹部にのぼりつめた、ギャング史に残るあの事件
「終わりなき朱」についての記事を発見したので記載しておく。


「終わりなき朱」
鉄砲玉として一人送り込まれたシチリアで、対抗勢力に対し90日間毎日襲撃を続けた。切り裂きジャンゴの名の通り、ナイフ、カタナ、あらゆる刃物で数えきれないほど敵の身体を引き裂き、結果対抗勢力は解体。
功績が認められ幹部昇進となった。
余談だが「終わりなき」から「り(理)」を抜いて文字を並び替えると「沖縄」となる。

ジャーナリスト
ジュン・K・トクサニア

らいふ:襲われたギャングは骨も残らず解体されてしまったんですね……

向かうところ敵無しとまで思われるジャンゴ氏。



今気になるギャングは誰なのでしょうか。


ジャンゴ:コパロンチーノだ。

カリフォルニア出身と聞いていたんだが、いつぞや他のところ出身とも言ってたよな?
まさかとはおもうが潜入捜査官……?

そう考えればギャングらしさが欠片もないことにも説明がつく。

クンクン、こいつは嘘をついている臭いだぜ……!



らいふ:あ、ありがとうございました……。。。

うだわくインタビュー史上最も危険なインタビューが終了した。

早々にこの場を去ろうと出口に足を向ける。

ジャンゴ:待ちな。

らいふ:(ゴクリ……)な、なにか、、?


ジャンゴ:対したことじゃない。
おまえ、ライフンヌに顔が似ているな。
この辺りは奴に恨みを持ったギャングがわんさかいる。
夜道には気を付けな。


らいふ:あ、ありがとうございます!!


………………

ふぅ、恐かった……この辺はまだ危険なようだし、さっさとここを離れよう……


名前も出たし、次回のインタビューはライフンヌさんにしよっかなーー!



次回もどうぞお楽しみに!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

うだわくキャラクター図鑑「メリーアンドリュー」

みなさま!

随分お待たせしましたが、最近またギャングたちの動きが活発になり、インタビューのタイミングを得ることができました。。。

ゲームマーケットでも大活躍だったあの男とコンタクトを取ることが出来ました!!


今回は今回は酒焼けのバーテン……もとい運び屋のメリーアンドリューを大紹介!





名前:メリーアンドリュー(運び屋のメリーアンドリュー)
生年月日:9月5日
血液型:O型


らいふ:はじめましてメリーアンドリューさん

メリーアンドリュー:はじめまして。




らいふ:あなたは一見落ち着いた男性で、とてもギャングには見えませんが、ギャングになったのはどんなきっかけがあったんですか?


メリーアンドリュー:もともとは中古車のセールスマンだったんだ。
危ない橋と知りつつも、マフィアを相手に商売をしていた。

そうして裏社会に片足を突っ込んだのが運の尽きで、気が付いたら首まで浸かっていたよ。

車の改造技術とドライビング・テクニックがマフィアから評価され、運び屋として生きるようになった。

現在は『ヤバイ代物を安全に、確実に運ぶ』という触れ込みで、裏社会を渡り歩いている。

らいふ:なるほど、ということはメリーアンドリューさんは武闘派ではないんですね。


メリーアンドリュー:元々が表社会の人間の為、ひとを殺めるのは苦手だ。

だから最近副業でBARを開いたが、あまりうまくいっていない。



らいふ:そのへんの商才はあまり無いんですねw

では才能が溢れる運び屋としての活動はどのようなものなんですか?



メリーアンドリュー:頭にヤバイと付く『ヒト・モノ・カネ』を世界中のどこへでも安全、確実に運ぶ事だ。



らいふ:おお、渋い!!
そんな「ヤバイ」男メリーアンドリュー、いったいどんな子供だったんですか?

メリーアンドリュー:仲間の輪の中いても目立たない子供だった。
親からは、敷かれたレールの上を漫然と歩んでゆくように育てられた。一度レールから外れ、逆境に置かれると、自分でも信じられないほどの強さを持っていたことに気づいた。それ以来、自ら進んで逆境に身を置くようになったんだ。



らいふ:逆境や危険が大好物のメリーアンドリュー。その一番の仕事とはなんだったのでしょう?

メリーアンドリュー:亡国のお姫様の国外逃亡を成功させたぜ!

らいふ:亡国のお姫様を……!!
これは流出して良い情報だったのでしょうか……

敵ギャングに知られたらヤバイのでは?!

ということで気になっているギャングはいますか?


メリーアンドリュー:ジャパニーズヤクザのゆり子姐さんに注目している。
今後は、ジャパンの市場にも積極的に手を出したいからな!



らいふ:barの経営なんかに浮気しないで運び屋一本で暮らしていけばいいのに!っていうくらい運び屋としての実力をもった男メリーアンドリュー!

メリーアンドリューを一流の運び屋たらしめているのはこの野心と危険を求める心だったんですね!!


では次回はあの危険を愛する男に触れてみよう。

次回もどうぞお楽しみに!!

うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

うだわくキャラクター図鑑「コパロンチーノ」

お待たせしました!

らいふです(^ω^)!


ギャングスターパラダイス、うだわくギャング紹介編二人目です!


今回は度々ダークサイドに堕ちる陽気な男、コパロンチーノ!!


気になるギャングの生態をお楽しみください!!



それでは、hear we go!!




らいふ:こんにちは!

コパロンチーノ:hello!!




らいふ:陽気な方ですね!What your name?


コパロンチーノ:My name is コパロンチイィーーーノ!



sex:men
home town:in California country!
age:28
blood type:AB




らいふ:さっそくなんですが、なぜあなたのような陽気な男がギャングに??

コパロンチーノ:はたちの時に……カジノで遊んでいたらスカウトされたんだ。
「君もギャングにならないか」ってね。


らいふ:それでギャングになったの!!?

コパロンチーノ:yes!

らいふ:随分軽い理由ですね。。。仕事はそれまで何をしていたんですか??

コパロンチーノ:フラフラとカジノで遊んで生計を立てていただけさ。
他に仕事はしてないよ。ハハハ!



らいふ:糞ニートじゃないですか\(^o^)/
夢とか無かったんですか??

コパロンチーノ:夢は今も昔も変わらないよ!ラスベガスを超えるカジノを作ることさ!
ハッハ!
エンジョーーイ!!

らいふ:なんだかうざいテンションですが、、、どんな子供時代を過ごしたらそんな感じになるんですか?


コパロンチーノ:うちはファザー&マザーがいて普通に明るい家だったんだ。

でもボクが18の時に父親が借金をして家族はエブリバディ、バラバラになった。

フレンドのハウスを転々としてその日を生きる毎日だったよ……



そんなある時、カジノで一発当てたんだ。

5ドルから始めて最後は2000ドルまで稼いだよ。ハハ、ルーレットでね!


らいふ:波乱万丈な人生だったんですね(´・ω・`)
普段はギャングとしてどんな活動を??


コパロンチーノ:カジノやサーカス、ダンスホールなんかのエンターテイメント関連の仕事をプロデュースしているよ。
それが表の顔さ。

そこから裏金を作ってカジノで資金を稼ぐのさ……それがこのコパロンチーノの裏の顔さ!




らいふ:しっかりと悪いこともしてるんですね(^ω^)!
ちなみに、今までで一番大きな賭はなんだったんですか?

コパロンチーノ:相手の右足と自分の左腕を賭けて、勝ったよ。

もらった足は足の悪い人にあげたんだ。ハッハハ!

怖かったからもう二度と身体は賭けないよ(笑)

ワタシは楽しく遊べるカジノが作りたいんだよ(笑)

勝率も50/50位だしね(笑)(笑)(笑)


らいふ:よくそれで身体を賭けましたねw


コパロンチーノ:実にデンジャラスだったよ……



らいふ:では最後に、コパロンチーノさんが気になるライバルに対して一言お願いします!


コパロンチーノ:
気になるのはアミカポネ、youだ!
君を蹴落としてワタシがbossとなり、このワタシのNo.2として使ってやろう!!ハッハハァ(笑)



らいふ:あ、ありがとうございました(^ω^;)

いやー、終始笑いの絶えないめんどくさい方でした!!

次回はうるさくなさそうな人にインタビューをしたいなぁ……


というわけで!

次回は運び屋のメリーアンドリューにインタビューをしてきます!!




彼はいったいどんな人物なのか……そして何を運んでいるのか……

お楽しみに(^ω^)!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

うだわくキャラクター図鑑「イッシーノ」

お待たせしました。


以前予告した通り、ギャングスターパラダイスにて登場したギャングたちを取材してきました。


あまりにも危険なこの任務、遂行できるのはやはり私しかいないですね……

こんにちは、らいふです(^ω^)


今回のターゲットは、生粋の戦士イッシーノ!!


がっつりインタビューしてきたよ(^ω^)!


さっそくGO!


「俺はイッシーノ。生粋の戦士だッ!」


30歳
B型


らいふ:こんにちは、イッシーノさん。生まれは何処なんですか?

イッシーノ:シチリア生まれのシチリア育ちだ。

らいふ:生粋の戦士という噂ですが……?

イッシーノ:ウチは親父もお袋もギャングなんだ。生粋のギャングだ。そんな俺がギャングになるのは当然のことだ!



らいふ:そ、そうなんですね。。。

イッシーノ:先々代の腹心だった親父……産まれたときから俺はギャングだった。そして生粋の戦士だ。

らいふ:(推すなぁ生粋の戦士……)普段は何してるんです??

イッシーノ:抗争があったときは最前線で戦う。なにもないときは農園でレモンを育てている。



らいふ:(レモンて……生粋の戦士は何処行った……)なにか武勇伝とか無いんですか?生粋の戦士としての。


イッシーノ:元ボクシングチャンプをKOしてやった事がある。相当落ちぶれてたんだろう。
それくらいだな。あとは骨の無い雑魚ばかりだぜ。

らいふ:じゃあイッシーノさんはライバルとかいないんですか??

イッシーノ:一番戦ってみたいのはジャンゴだな。奴の目はヤバイ!本物のイカれた目をしているぜ。言動もイカれてる!!
ゲーム感覚で戦ういやらしい奴だ!!


そして油断できないのはミクミーナだな。奴は決して心の許せない相手だ。
いつ寝首を掻かれるかわからねぇ……恐ろしい相手だぜ……




らいふ:ジャンゴとミクミーナがライバルとは意外です!
ではイッシーノさんが並み居る敵ギャングを倒し、ボスになったらどんなギャング団を作りますか?

イッシーノ:俺は力じゃあ絶対負けねえ。ギャング団過去最高の武闘派集団になることは当然だが。
だが俺はファミリーの絆も大事にする。
敵組織はもちろん叩き潰すが、仲間の裏切りも許さねえぜ!

らいふ:恐いですね!みんな付いてきますかね??


イッシーノ:俺にだって多くの友がいるんだぜ!
こう見えても小さい頃は体が弱く病弱だった。
だがそれでも友人はたくさんいた。
その辺は普通の奴等と一緒だぜ。体を鍛えて強くなった今でも友人は多いんだ。



らいふ:病弱だったんですか??これまた意外!!
それじゃあ、絆にまつわるエピソードを一つ教えて下さい!

イッシーノ:いいぜ。
十数年前の抗争で俺と仲間が大ピンチになってな。
敵の組織に捕まっちまったんだ。拷問で傷ついた友は満身創痍。足手まといになりたくないからと殺してくれと願った。
だが仲間思いの俺はそんなこと出来なかった。
友を連れ、敵の隙を突いて組織を内部から叩き潰し、無事に友を病院に連れていったぜ!
その時からだ。俺が不死身のイッシーノと呼ばれだしたのはな。



らいふ:熱いエピソードですね!
では、今回はこの辺でお開きとしましょう。
イッシーノさん、ありがとうございました!

イッシーノ:おう。じゃあ俺は農園に戻るぜ。




今回はイッシーノさんから様々な話が聞けましたね(^ω^)!

いろいろ突っ込みどころはありますがw


次回は陽気なギャング、コパロンチーノを直撃!



次回もお楽しみにどうぞ!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

うだわく実況メンバー取り扱い説明書「なる」

うだつわくわくドイツゲーム実況プレイ!

第二期自己紹介、なる編


始まりますよー(´・ω・`)!

はい!
というわけで、やっていきましょう!インタビュー(^ω^)


実は初期からお手伝いで参加してくれてたり、ハグルしてくれてたりで、裏方のわりに露出が多かったなる!



晴れて正式に二期のメンバーに!!

まだまだ知られていないところが多いなる(´・ω・`)

インタビューで丸裸にしてきましたよ(^ω^)





なる

身長158?
血液型A型
生年月日4月28日


らいふ:こんにちは!お名前はー?

なる:なるです!

らいふ:なるでーす!!!o(^-^o)(o^-^)o

さっそくですが、うだわくに参加したきっかけって??

なる:ケントがゲームを持ってうだつの公演に関わったときですね。


そのときちょっと誘われたけど悩んでいたら募集が終わっていてお手伝いに!



GMからの。。。


らいふ:人狼は得意ですか(^ω^)?

なる:あんまし得意じゃない。
ゲームは好きだけど強くない!


らいふ:ほうほう。好きな役職はあるのかな??

なる:妖狐がすき!



らいふ:そうなのか(´・ω・)w意外
じゃあじゃあ、禁止用語人狼で妖狐勝ちしたけどあれはどうだった?

なる:ルールがあれだったから、しゃべる人が自滅していって助かりましたw


らいふ:みんな、あのときは死んでしまってすまんwww
さて、飄々とした感じでプライベートが読めないなるですが、
普段はどんな活動をしていますか

なる:役者をー、やっています☆



らいふ:うだわくは役者が多いですねー。。。
俺がなるを知る限り、いつも違う顔が見えて変幻自在な役者って印象なんだけど、結局なるってどんな役が得意なの?


なる:コミカルな動きをする役がすきー!
ほんと、コミカルな。

あ、アングラもやるよーー。

らいふ:お?アングラって(´・ω・`)?

なる:んー、アウトローな感じ、、、
なんかー、そう、ドロドロした芝居だよ(^ω^)





らいふ:ほうほう、つかめないキャラクターが売りのなるですが、視聴者のみなさんにもわかるように自分を一言で表すとなんでしょう?

なる:「変」

らいふ:良いのかねそれで?w


なる:(^ω^)


らいふ:今までやって一番好きなゲームは?

なる:ルーム25です!
うだつでケントと出会ったときにケントが持っていてやりました!




【ROOM25】
シンプルなルールの協力型脱出ゲームに、スパイが紛れ込んでいるかもしれないという推理物の要素が加わった、息詰まる緊張感連続のボードゲーム。
プレイ人数:1-6人
プレイ時間:30分

ケント談

らいふ:俺もそのとき一緒にいたんだけど、ルーム25やって俺なるに負けたような気がする……


さて、最後になりますが、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

なる:こんにちは、なるです☆
うだわくを楽しみにして頂いているみなさま、いつもありがとうございます^ ^
これからもうだわくを応援してください?





というわけで、「変」が良く似合う プレイヤーなるでした!!


次回はギャングにインタビュー……



こええーー!

次回もお楽しみに!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

うだわく実況メンバー取り扱い説明書「ゆみちゃん」

皆様お待たせしました!

うだわく第二期自己紹介シリーズ!

今期は二期新メンバーの紹介の後、様々なゲームで登場したキャラクター達の自己紹介を予定しております(^ω^)!

こちらはどういった形式になるか等、まだ何も決まっていないので、更新をお待ち下さい!!

それでは、二期新メンバーゆみちゃんから(´・ω・`)!

どうぞー!


ゆみちゃん




らいふ:お名前は?
ゆみ:伊豆原友美です。

らいふ:みんなからはなんて呼ばれてますか??
ゆみ:ゆみちゃんです。

神奈川県出身
身長160センチ
B型9月14生まれ


らいふ:さて、早速なんだけど、ゆみちゃんはなんでうだわくに?
ゆみ:えーと、もともと第一期にあみくんに誘われていたんだけど、最初は予定が合わず断っていて、、、それで二期からは予定が空いて参加できるようになったので乱入しました!!
もともと人狼は好きでオンラインだったりでやっていたし、ボードゲームもちょこちょこ手を出していたので是非うだわくでやりたいなと思ってました!


らいふ:ほうほう、予定とな。
普段はどんな活動をしてるの?
ゆみ:普段はぁ、舞台をちょこちょこやったりしてます。最近は少しお休みしてますが。


らいふ:舞台経験があるんだね!!
だからかな?
キャラクターがとても際立ってるけど、役作りとか、なにか参考にしてたりするの??
ゆみ:いやー、みんながキャラクター際立ってるので何とかしなきゃと必死にやってます!!



らいふ:必死にやることが大切なんですね!
いやでもほんと、その通り。
因みにどんな役柄が好きとかあるのかな?

ゆみ:自分の声質的に、色気無いけど色気あるような雰囲気を出す感じとかキャラクターとかが好き。

あとはおとなしい役よりも囃し立てる役が好き!

挑戦したいって意味なら少年キャラクターとかもやってみたいかな……



らいふ:今後動画内で挑戦してほしいですね!
挑戦といえば、これから我々は月夜の人狼を中心にやっていく予定ですが、なにかやってみたい役職はありますか??


ゆみ:月夜の人狼では名探偵(夜のターンに一度だけ推理を披露する役職。推理が外れると…………)がやってみたい!
苦手なのはヤンデレ(第三陣営で、自分の想い人が死亡した後に後追いで死亡すれば勝利)かなあ……。


らいふ:人狼といえば、女狐だの女豹だの言われているようですが、実際そうなんですか?

ゆみ:じゃないですよー(棒)



らいふ:ほーう。。。
じゃあじゃあ、プライベートなにしてんの?

ゆみ:舞台を見に行ったり、ゲーム会に行ったり、買い物をしたり、実はそこそこお酒が強いのでバーにいって飲んだりします。
40度ぐらいのお酒なら普通に飲んでます(^p^)ジンをロックで

らいふ:酒、強!

ゆみ:(^p^)


らいふ:ゲーム会良く行くんだね!なに系のゲームが好きなの??

ゆみ:頭使ってやるゲームが好きファブフィブとか
惨劇ルーパーとか


【ファブフィブ】

数字カード3枚が「時限爆弾」のように、1人へ、また次の1人へと渡されていく中で、その3枚で構成された3桁の数値を必ず釣り上げて宣言しなければならないため、数枚を交換したり、ウソをついて渡したり、ウソを見抜いたりして失点を避けるゲーム。
プレイ人数:3-10人
プレイ時間:20分〜30分
byケント

【惨劇Rooper】

これは、完璧なTRPGって感じのゲームです。
ひぐらしが泣く頃に、とかのループ物を取り扱ったもので、プレイヤーは理不尽なループの囚われ人となり,繰り返される惨劇からの脱出を目指すって感じです。
プレイ人数:4人
プレイ時間:180分以上

byケント


テーブルトークが好きなのでテーブルトークがやりたい!


らいふ:うだわくに出始めてなにか変わった?

ゆみ:映像で自分を観たときに非常にイケてない事に気が付きなんとかせねばと……

みんなすごく際立ってるので負けないようにしなきゃと……


らいふ:薄々気づいていたけとすごく負けず嫌いですねwww

ではでは、最後にみんなに一言!

ゆみ:新しく入ったゆみです!
まだまだ未熟なところもありますがこれから明るく楽しく元気よくやっていきますのでよろしくお願いします!

あとどこかのゲーム会に出現したりするので、見掛けたときは仲良くしてやってください!



らいふ:以上、ゆみちゃんインタビューでした!

次回はなるをご紹介!!


乞うご期待!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【ゲームマーケットレポ】アミカポネの最後の戦い

俺はライフンヌ。



俺はとある会場で行われたあるゲームを生き抜いた、「あの男」について、、、「あの男」の生き様を誰かに伝えるためにここへやって来た。

こいつはその「ある男」がその時残した言葉の全てだ。。。





大盛況の中幕を閉じた東京ゲームマーケット2014



うだわくメンバーも多数会場に現れ、その賑やかで楽しい空間を堪能していた。




その裏で、あるギャング団のボスが死に、そして新たなボスを決める戦い、言うならば血で血を洗う凶悪な魑魅魍魎達の派遣争いが行われていた…

これは、その抗争で生き残った男が残した手記の一部分である。



ギャングスターパラダイス

【アミカポネの手記】



ギャングスターパラダイス最後の一手
ゲームも終盤、味方はすでにやられていた。
こちらは一人。
対する敵陣営は着々と勝利に近づくシンドゥーとショットガンとマシンガンを手に余裕の表情を見せるその相棒。

二人を相手に絶体絶命の状況であった。
ショットガンに撃ち抜かれ次々と手持ちのカードがなくなっていく。
ついには起死回生のキラーも離れ、弾丸の入っていない銃も落ちてしまった。

裏切り者のエコッティがシンドゥーにカードをアシストする。
もう終わりだ諦めろと言わんばかりに周りに追い詰められていく。

しかし、不思議と絶望感は無かった。ただ勝利を。
散っていった仲間の為にも、何がなんでもボスの座へ。
その執着心にボドゲの女神が微笑んだかはわからないが、流れがこちらにやってきた。

ついに最終ターン、これで全てが決まるだろう。

俺の相棒がカードを引く。苦い表情、こちらに有利なものは出なかったようだ。
しかし、場を見ると、とっさに手持ちのカードを見比べ行動に出る。

ギャングスターを手持ちの金と換えて、それをこちらに手渡す。

なんとかこれでしのいでくれ…。

少しでも生き延びて欲しい、絶望から一時的に離れて欲しいと願うその一手を受けとった。
しかし、俺にとってその一手は勝利するために必要な1ピースだった。

そして、俺のターン。
カードを引く。

きた。

相棒からのアシスト、そして今引いたカード。これで手札は揃った。

あと一枚揃えば、勝てる。

しかし、山札からカードを引くチャンスはあと一回。

このチャンスを逃せば、俺は間違いなくシンドゥーに殺されるだろう。
死んでいった仲間のアシストを受けて、最後の一回のチャンスに俺は全てを賭ける。
77枚の中の1枚を掴むために山札へと手を伸ばす。



(ここからBGMクリティウスの牙)

俺のターン!
きた!最後の最後にきた!
目を見開く、思わず立ち上がる、血が一気に沸騰したかのような高揚感が襲う。
何度も何度も確認したがそれでもなおもう一度手札を確認する。

勝利に必要な最後の一枚を、ここで引き当てた。手札と最後の一枚であるボスの座のカードを場にさらす。

すでに何重にもなっていたギャラリーから、わっと歓声があがる。
相棒とハイタッチを交わし、勝利宣言をする。
もはや笑ってしまうくらいの引き当ての良さに、シンドゥーですら勝利を祝ってくれる。

これだ。この感動があるから、ゲームはやめられないのだ。
とりわけ、対面でやるカードゲームやボードゲームの最大の魅力はこの感動の共有だろう。
今日一番ゲームマーケットを楽しんだのは自分だと胸を張って言うことができる。

クリエイターのゲームが売れた時の感動、
ゲームに関わる仲間との出会いの感動、
そして、ゲームをプレイして楽しむ感動。  
ただの即売会とは違う、ゲームマーケット特有の魅力を最大限に味わい、満足に包まれながら、打ち上げに向かったあみくんなのであった。

おしまい






そんなわけで、あみくんです。くぅ〜疲れました。
ギャンパラの試遊卓でのこともそうですが、いつもうだわくをご覧の皆さんとお会いできたのがもう本当に嬉しかったです!
まだまだ全然知名度もない我々に、いつも見てます!とか面白いです!とか声をかけてもらえて心の底からやっててよかった!!って思えました。

メリアンのブース手伝いでも、目をきらっきらさせながら亡国のタイドライン(通販取扱決定)を買っていくお客さんと交流したりしました。作ってもいないのに、手渡す瞬間感動しちゃいました。

もうね、最高の一言に尽きますよ。

これからも、楽しんでゲームをやろう。それを楽しんでもらうためにもっと楽しもう。そう考えさせられたゲームマーケットでした!

おそまつ!




我らの永遠のボス!

ドン・あみくんに栄光あれ(´・ω・)!!!

東京ゲームマーケット、また必ずうだわくメンバー参加します!

その時は皆さん、また僕らと楽しくゲームで遊んでください!

これからもよろしくお願いいたします(^ω^)!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【ゲームマーケットレポ】みんなの声

らいふだっ!!!


お待ちかねです!!

ゲームマーケットレポ、参加者感想編始まりますよー(´・ω・`)!!

楽しかった東京ゲームマーケット!

みんなの感想を募集してみました(^ω^)

各ブースで活躍したみんなの初ゲムマレポ、少し長めでお楽しみください(^ω^)




メリアンです。

うだわくに関わるようになって、自分でも変わったなと思います。

普段はサラリーマンで、
仕事帰りに軽く遊べるアナログゲームは息抜きのつもりでした。

メリアンには夢がありました。
「リーマン辞めて物書きで喰っていくぞ〜」という・・・。

しかし何度新人賞に挑んでも、一向に賞をゲットできそうにないので、
ここ数年間は諦め気味でした。

ただ、それでも「物語作りてー」という思いは燻り続けており、
アナログゲームと出会って、その炎が自分の中で一気に燃え上がったのでした。

「小説がダメなら、ゲームで物語作ればいいじゃん!」

これが「亡国のタイドライン」を作り始めた動機です。

あみくんを筆頭に、うだわくのメンバーは
謎の熱意を持って、全力でこの企画に挑んでいます。

その熱意に当てられて、
「メリアンも、やったるでー」という気持ちになりました。

なので「亡国のタイドライン」は
うだわくがなければ、この世に存在しない作品なのです。

すごいね、うだわく&アナログゲームの可能性は無限大だ!





ゲームマーケットに参加された皆様、お疲れ様でした!
午前中はギャンパラの仁義なき試遊卓
午後はメリアンと一緒に亡国のタイドラインを販売していました、
みくみんです。

初めてのゲームマーケット。
ビッグサイトは就職活動中、合同企業説明会で
げっそりしながら後にして以来でしたが
今回楽しい思い出で塗り替えられました!

入場で並んでいるとき、真後ろの方に
「うだわく観てます」とお声掛けいただいたのを皮切りに
視聴者の方にたくさんお会いできたのがとても嬉しかったです。
仕事中に観ている、とか
毎週火曜と金曜が楽しみ、とか
うだわく観てギャンパラを買いに来ました、とか
信じられないような嬉しいお言葉をたくさんいただきました。
ニコニコやyoutubeのコメント
うだわく関連のツイートを読ませていただいては
有難いなあと思っていましたが
今回笑顔の皆様とお会いできて、あらためて
半年間やってきてよかったなあと思いました。

何にもなくても参加してみようと思っていたゲームマーケットでしたが
うだわくギャングとして試遊するという
なんとも貴重でエキサイティングな場を与えてくださった
ギャングスターパラダイスのカイシンゲームズ様
誠にありがとうございました。

まさかの自作ゲーム参戦で
みんなの士気を挙げてくれたメリアンにも感謝です!

これからも楽しい動画を作れるように精進いたします。
ありがとうございました!



えこです。ゲームマーケット参加されたみなさま、おつかれさまでした!私は人生で初めてのゲームマーケットでした!会場のアットホーム感や、売り手も買い手も、本当に純粋に『好き』なかんじが会場に溢れていて心地よかったです。ギャンパラ試遊卓では、私はギャングのエコッティになりきって4戦ほどさせていただきました。2戦目、裏切り者で負けたのが本当に悔しかった…!同じチームだった方と、どうやったら勝てたかをそのあとずっと話してました。そんなのもいい思い出です。うだわく見てますって声かけてくださったみなさま、本当にすごくすごく嬉しかったです!ありがとうございました。これからも頑張ります!もっと強くなりたい!





いっしーです!

ゲームマーケット初参加でしたが、すっかり満喫させて頂きました(*´ω`*)
これも、メリアンのゲムマ参加、カイシンゲームズさんのお声掛けがなければ、実現しなかったことです。

また、メリアンのブース、ギャンパラ試遊卓にお越し下さいました、皆様!
ありがとうございました。
うだわく見てるよ!
と、声を掛けて頂けることが、本当に嬉しかったです!

うだわくの輪が、作る側、遊ぶ側とどんどん広がって行くといいなー!
また、皆様とお会いできることを楽しみにしています!!

メンバーで参加した、ゲムマ謎解き…。
難しかったなー(-∀-`; )




カムイです!

私も人生初のゲームマーケット参加でした。

そもそもこのような「〜マーケット」的なでっかいイベント自体初めて体験しました。
マンガとかテレビとかで見たことあるからイメージはなんとなくあったけど。

でもやっぱ実際に参加してみるもんですね!!
アナログゲーム熱の凄まじさを思い知りました。
売る人、買う人、楽しむ人、盛り上げる人、みんなギラギラしてる!
なんかこの熱気に立ち会えた事をいずれ自慢できるんじゃないかという感じ(笑)。

つっても、立ち会っただけじゃなくメンバーとして自分なりに動き回って、収穫も沢山得られたので喜びもひとしおです。

動画をご覧になっている方とお会い出来たり、出展ブースの方も何組かの方が「あ、見てますよ!」と。
凄い。そしてありがたい‥。

無責任男なりに責任もってやってこうと思い直したゲームマーケットで御座いました。

来年はもっとビッグになって帰ってこよう!

メリアンさんはじめメンバー達、そして参加された全ての方、お疲れ様でした!!


いかがでしたでしょうか?

うだわく初めてのゲームマーケット(´・ω・`)

みんな楽しかったようで何よりですね!

次回もうだわくメンバーがゲームマーケットに出没するかもしれません!

また皆様とお会いできることを楽しみにしております(^ω^)

それでは!!
うだわく メンバー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
UDATSU web
UDATSU(のいつまでもウダツの上がらない)webへ行く